未分類

海外の贈り物文化とお歳暮

お中元、お歳暮のような贈り物の文化は、海外では見られません。しかし物品を贈ること自体は世界各地で見受けられるものなので、それらとお歳暮との違いを学んでみましょう。日本ではお盆の時期と年末に、感謝の気持ちを込めて物品を贈ることを、それぞれお中元、お歳暮と呼んでいます。家庭のレベルで行われるのはもちろんのこと、ビジネスの世界でも行われています。一方、海外では家から家に物を贈ることはありますが、会社、法人が、毎年同じ時期に物を贈る習慣はありません。その点は、日本に特有の文化だと言えます。

そもそも欧米では土産が手渡されることすらありません。日本では海外旅行でもしようものなら、同僚や得意先にお土産を渡すのが一般的です。それに対し、欧米の企業では、物品の贈与は、一種の賄賂と見做される可能性すらあります。ですから、例えば国内にある外資系の企業に対して、土産を準備する必要などはありません。

では欧米の会社では、メールと書類以外に何もやり取りするものが無いのでしょうか。実は欧米では物品を贈らず、メッセージが記入されたカードを贈る風習があります。シーズングリーティングと呼ばれるもので、贈る物と言えばそれくらいでしょう。他にも日欧には違いが見られます。例えば、冠婚葬祭に際して、祝儀や香典という形式で現金が贈られるわけですが、欧米では相手が得意先だろうが友人だろうが、現金を手渡す真似はしません。少額の現金を渡す行為は「チップ」を連想するため、日本を訪れた外国人には理解し難いようです。数万円を気持ちに代える行為を、失礼だと受け止める外国人もいるため、注意するようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です