未分類

匂いは人を誘う

うなぎの匂いでご飯を食べるという落語があるかと思います。
匂いだけでご飯が食べられるのは、誰しも感じることだと思います。
また、焼き鳥のテイクアウトの匂いに誘われて買って帰るということもあると思います。

人間の食欲にとって匂いというのは、重要な役割をもっていると思います。
鼻をつまんでりんごを食べると、じゃがいもと似たように感じるそうです。
うなぎも匂いに釣られて食べたくなりますが、焼き鳥や焼きそばも匂いで食欲を刺激してくれると思います。

 

スーパーなどでパン売り場が出入り口に近いのも、匂いでお客様を呼び込むためだそうです。
フルーツの匂いもお客様を刺激するそうで、フルーツショップがお店の入り口にあることも多いようです。
また味醂というのは良い匂いを醸し出すそうで、みたらし団子や五平餅、焼き鳥、鰻の蒲焼、魚の照り焼きなどの匂いを他店との差別化に使うというのもいいそうです。

お客様はこれらの匂いによって本能的に美味しいと感じているわけですから、来店の可能性も高くなるということだそうです。

 

家庭でもこのように、魅力のあるメニュー作りとして、匂いを戦略的に考えていくというのは大切だそうです。
本能で感じる匂いは、隣人の匂い、洋服の匂い、体臭、化粧品の匂い、店内の匂い、そして美味しそうな匂いというのがあるかと思います。
人間というのは、ひとつの匂いに集中すると他の匂いが感じられなくなったりするそうです。
どこよりも美味しそうな匂いが出せたら、それだけでいつものメニューとの差別化が成功したことになると思います。
香ばしい匂い、香辛料の匂い、香味野菜の匂い、ハーブの香り、甘酸っぱい香り、フルーツの香りなどが食欲増進になるものだそうです。
美味しい匂いがする料理を見つけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です