未分類

付け合わせを考える

料理の魅力は盛り付けで決まるということですが、その中でもあしらいなどにも気を使ったほうがいいそうです。
あしらい、付け合せというものですが、メインの料理に添えて見た目を美しくしたり、美味しそうに見せたりできるので、とても便利なものだと思います。
栄養のバランスも付け合せで取ることもできるというのも作る側としてはありがたいと思います。
付け合わせというのは添え物として考えない方がいいそうです。
中国料理のようにじゃがいもの千切りを揚げたものを器にして料理を盛ったりすることもありますし、揚げ物料理にはレタスやきゅうりなど口直しになるようなものを添えたりするかと思います。
メインの料理を損なうような素材や食材ではいけないと思います。
和食でしたら大根やきゅうりの酢の物やシシトウや大葉などを揚げて添えたりするかと思います。また洋食にはフルーツやサラダ類が添えられたりして、栄養のバランスを考えたものだったりするかと思います。
肉料理にはじゃがいも料理などと決まっていた時代もありましたが、栄養のバランス、色のバランスなども考慮して、いろんな食材を試してみるのもよいかと思います。

意外に付け合わせが美味しくて料理が人気になるということもあるようです。
あしらいや付け合せで料理の味のバランスを取ることもできるようです。
あしらいや付け合せに使える食材の種類はとても多いと思います。
付け合せの食材としてほうれん草、白菜、人参、大根、じゃがいも、もやし、フルーツなどがあるかと思います。
ドレッシングをかけて提供したり、漬物にしたり、ゼリーにしたりするのもよいですし、カレー味にしたり海苔をつけて揚げてみたりと料理方法もいろんな工夫ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です