未分類

ターゲットを定めて盛り付けを決める

料理は盛り付けで決まるという人もいるそうです。
どんなに美味しい料理でも盛り付けが不味そうだと食べる気が失せるということもあるようです。
それは料理を作った努力も水の泡ということになるので、盛り付けは大切だと思います。
盛り付けといっても、食べる人によっては好みが分かれるところだと思います。
大盛り、デカ盛りというものを好む人ならば、器から溢れんばかりの盛り付けをしたものが美味しそうに見えると思います。
小鉢に分けてちょこちょこと出されたほうが可愛くていいと思う人もいると思います。
ボリュームで勝負するか、上品さで勝負するかも、食べる人の好みによると思います。
若向けのワイルドでボリュームのある料理で勝負したいのならば、デカ盛りで量の多さをアピールするのもいいと思います。
高齢者をターゲットにするならば量を少なめにして栄養バランスを考えた料理を色鮮やかに盛り付けるというのもいいと思います。
ターゲットを無視して盛り付けを決めていたら、食べる人に響かないものになってしまいます。

高級な器なら良いかと言っても、北欧の食器を使っても、若者や女性には喜ばれるかもしれませんが、高齢者にはピンと来なかったりするようです。
けれど、有田焼や伊万里焼などの高級食器ならば喜ばれるということもあるようです。

料理の盛り付けは感性が求められると思います。
見た目とそれをデザインする能力が必要で、それが料理の価値をアップするといってもいいと思います。
料理を盛る高さ、お皿に占める面積などを考えた方がいいそうです。
ボリュームと色使い、あしらいの使い方などと食器の大きさ、色、材質など、選ぶものをたくさんあるかと思います。
料理の価値を高めるための盛り付けを考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です